RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

Tシャツも。

2009.12.25 Fri
子供服もう一型リリースしました!

What's new でも書きましたが、今回のパターンはカラーです。
こんな感じ↓(クリックで大きくなります)

カラーパターン

パターンもだんだん進化してます。




パターンといえば。
拡大・縮小についてのお問い合わせを多くいただきます。
たとえば7号より小さいサイズのお客様、13号より大きいサイズのお客様で、
サイズを補正する方法をお尋ねになる場合などです。

なんとなく「パターンの拡大縮小はタブー」みたいな雰囲気を感じるのですが、
経験的に5%くらい伸ばしても縮めてもたいして問題は生じません。
ですので、各アイテムの優先サイズ
(トップスならバスト、ボトムスならウエストかヒップ)
から変倍率を割り出して、変倍出力したのち、
巾は縫い代で・丈は裾で(あるいはたたみ/切り開き)
調整するのをおすすめしています。

切開法のグレーディングだって、
たいして理論的根拠があるわけじゃないんです。
もちろんあれは経験の蓄積からきていると思うのですが、
各メーカー・ブランドの慣習的なもので
「どこで何ミリ開くか」がきまっているわけで、
グレーダーの判断によってその数値も変わってきます。
へたなグレーダー(あるいは素人)の手にかかると、
マスターサイズから遠ざかるごとに
パターンがグダグダになる危険性もはらんでいます。

拡大縮小のいいところは、「絶対にマスターパターンの相似形になる」、
つまり形が崩れないってことですね。
イレギュラーサイズと一口に言っても
体型は千差万別ですので、一概にはいえませんが
たたんだり切り開いたりする場合でも、相似形から操作したほうが
パターン本来の形が崩れにくいのはいうまでもありません。

関連として私が愛読しているサイトのURLを貼っておきます。
玉置の仕事場 http://tamasan.com/index.html
私が愛用しているiPMプラグインの開発に携わった方のサイトです。
ここの動画、すごくおもしろいですよー。オススメです!


関連記事
Category:企画日記 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<Fujikoのカーディガンアレンジ | HOME | 一型リリース>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。