RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

【そくぷろRS】縫製過程

2013.11.06 Wed
さっそくベータ版を縫われている方がいらっしゃるようなので、さっくり写真で解説してみましょう。
詳しいポイントは縫製テキストを見てくださいね。
小さい写真はクリックで大きくなります。

★裁断
131106.jpg 131106b.jpg 131106c.jpg
各パーツを裁断。


131106d.jpg
底芯は100円均一の中敷を使います。

★縫製
かかと接ぎ→履き口縫い→カゲコバ→アイロンで仕上がりに整えた状態。
131106f.jpg 131106g.jpg
131106h.jpg 131106i.jpg

★羽根
まわりを縫って→ひっくり返してステッチ→ハトメ打ち→仮どめ。
つま先とかかとはぐし縫いでイセます。
131106j.jpg 131106k.jpg
131106l.jpg 131106m.jpg

★底縫い
アイロンでいせを殺します。かかとはちょっとタックみたいになっちゃってもOKです。
鉄万カバー汚いすね…
131106n.jpg

底をつけます。
アッパーと外底縫い合わせ→中底縫い合わせ→底芯差し込み→返し口のまつり。
131106o.jpg 131106p.jpg
131106q.jpg 131106r.jpg
まつるの面倒だったら、折り山突き合わせてジグザグミシンで縫うとかでもたぶん大丈夫。底芯を縫いこまないように注意してください。

131106-s.jpg
紐通して完成ー。

★おまけ 紐の端処理
131106t.jpg
熱収縮チューブを使います。ホームセンターとかで配線材料のところに売っているみたいです。もともとは配線のつなぎ目をカバーするものだそうで。
5ミリ幅の平紐に3ミリ径のチューブを使用しました。
ピンセットで紐の先をつかんでひねりながら引っ張ると簡単に通せます。

131106u.jpg
摩擦だけだと簡単に抜けてしまうので、ボンドをつけます。

131106v.jpg
圧着位置にチューブを戻して(はみ出たボンドはきれいにふき取る)、アイロンのスチームを噴いてチューブを縮めます。ドライヤーでもいいと思います。
キューっと縮んでビフォー⇒アフター。かなりたのしい(笑)

長くて困っている靴紐もこれで調節できますね。


関連記事
Category:企画日記 | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<セール終了 | HOME | そくぷろRS(ルームシューズ)βバージョン、配信しました>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://miho555.blog58.fc2.com/tb.php/612-71fcf74f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。