RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

近況

2009.11.12 Thu
ファッションが教えてくれること」みてきました。
お洋服へのうっとり度は「プラダを着た悪魔」のほうが上だったけど、
こっちはドキュメンタリーですので、別のおもしろさがあって
とても満足して帰ってきました。




特にアナ自身のコメントが秀逸。
私はビジネスパーソンとして彼女の足元にも及ばないし、
直に会ったら迫力だけでぴるぴる震えて降参しそうだけど(笑)、
アナの言ってることにはすごーーーーーく共感できた。
冒頭の「ファッションを攻撃する人たち」について、また「怒り」について。

私も怒りが抑えられなくなったらお店やめる、ってことにしておこうっと(笑)



<駄文>

「開店おめでとうございます」と言っていただけるのはうれしいんですけど、
実は私はショップ自体をやりたくて始めたわけじゃなくて、
単に「自分が欲しいものが市場でまったく供給されないこと」
に対してのアクションに過ぎなかったんです。
ですので、夢や希望に燃えているというよりは
「ちょっと立派な貧乏くじをひいちゃった」程度のトホホさ加減。
(始めてみたら存外楽しかったので、バカでよかったなあと思ってますけど)

だいたい、これはパタンナー自身がショップ運営するから
採算がとれる(原価がかからない)のであって、
うちみたいに外部に発注してたら、商売としてなりたたないんじゃないかな。
一方、デザイナーとパタンナーが別にいるメリットも絶大なんですけど、
その話はまた今度。

型紙ショップもたくさんできましたが、
やはりバリエーション的にはまだまだなのかなあ、という気がします。
ふつう買い物といったらなんでも、欲しいものを売っているお店に行くでしょう。
魚を買いたければ魚屋に、野菜を買いたければ八百屋に行く。
服だって、出勤するときのブラウスと、家でごろごろするときのTシャツを
同じお店で買ったりはしない。(か、買う人もいるのかな…
スーパーマーケットをめざすならともかく、
一軒のお店で何でもかんでもいっしょくたに売るのは無理があると思う。
だって魚屋に行って、「牛乳売ってくれ!」って言ったりしないでしょ(笑)
パタンナーにだって得手不得手があるわけだし。

でもパターン屋ではそれがふつうに行われているというのは、
ひとつには市場が未成熟ということもあるだろうし、
ショップ側できちんとブランディングできていない(できているところもあるけど)
ということも挙げられると思う。
それは、市場全体(売る側買う側双方)にとって不幸なことだと思います。
やっぱり、それぞれがオンリーワンであって、
買う側が自由に選べるのが理想ですよねー。

というようなことを、最近考えています(まわりくどい笑

</駄文>

関連記事
Category:その他 | Comment(0) | Trackback(-) | top↑ |
<<パンク中 | HOME | 新作カットソー>>
name
title
mail
url

[     ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。