RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

洋裁独習テキスト(前編)

2012.05.08 Tue
「洋裁はどこで勉強されましたか?
 どうやったら早く上達しますか?」
というご質問をときどき頂きます。

わたし自身に関してお答えするなら、洋裁は独学です。
ですので、
プロの縫い子になりたい!縫製工場やお直しやさんで働きたい!
という方は、私の言うことは信用しないで(笑)、
文化の通信なり夜間の専門学校なり通ってください。

ただし、「自分の服をそのへんで手に入る素材とありあわせの設備で作る」
ということに関しては、そこそこ経験の蓄積がありますので、
趣味のソーイング技術にかぎっていえば、
いくらか有効なアドバイスができるのではないかと思っております。

大別して、上達するための方法は
 1)本で学ぶ
 2)パターンで学ぶ
 3)ネットで学ぶ
 4)既製服から学ぶ
の4つ。以下にその内容について書きます。




1)本で学ぶ

おすすめは、いわゆる通称キミエ本。




この3冊はマストハブ。頼りになる部分縫いテキストです。
と同時に、道具のちょっとした使い方のコツなども参考になります。



型紙補正の本。
仮縫いしても補正ってどうしたらいいのかよくわからない、という方に。
この本はよくまとまっているし、お値段もお手頃。



接着芯の本も一冊読んでおいたほうがいいです。
知ってるようで知らないことがあるはず。





このシリーズも悪くない。キミエ本とは違うテクニックも出てきます。
また、このシリーズのいいところは、なぜか英文の訳がついていること。
読んでいるうちになんとなく用語が理解できるので、
Burdaなどの英文パターンにチャレンジしたい方には
敷居を低くするお役に立つかもしれません。


2)パターンで学ぶ

洋裁に興味をもったけど、右も左もわからないんですー!
というかたにオススメするのは、パターンショップMPLです。
わたしもずいぶんお世話になりました。
老舗ならではの安定感、とにかく説明書のとおりに縫っていけば
ちゃんと服ができあがる素晴らしさ。
MPLの説明書は図が大きくて丁寧なので、初心者向けだと思います。


長くなったので後編に続く。


関連記事
Category:ワンポイントメモ | Comment(2) | Trackback(0) | top↑ |
<<ワークショップのお知らせ | HOME | Me-Made-May'12 DAY 08>>

>ニコさん
後編あります!
忘れていません、怠けているだけです!(強弁
あした書きますね~。
コメントありがとうございました!

> mihoさん、突然失礼します!
> ずいぶん前の記事ですが、後編はないのかな〜?とふと思い出しました!
> また楽しみにしています!よろしくお願いいします^^
- | miho | URL | 2012.08.08(Wed) 23:48:22 | [EDIT] | top↑ |

mihoさん、突然失礼します!
ずいぶん前の記事ですが、後編はないのかな〜?とふと思い出しました!
また楽しみにしています!よろしくお願いいします^^
lICd2zaU | ニコ | URL | 2012.08.08(Wed) 10:41:19 | [EDIT] | top↑ |

name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://miho555.blog58.fc2.com/tb.php/387-c822c691

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。