RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

プレスは「たたく」

2011.10.06 Thu
すっかり気温も下がり、
皆さんジャケットやコートの準備をされている頃かと思います。
洋裁でも、裏つきアウターなどの大物は充実感があっていいですよね。

さて、今回はアウターのプレスについて。
自作服でいちばん粗が目立つのは、実は縫製ではなく、プレスだと思います。
 後ろ裾(エスカレーターなどで後ろの人にいちばん見られます)
 衿ぐり・前端(ここが決まっていないと素人っぽい)
 衿(服の顔!)
などなど。

よく、アイロンは「先を使って押さえるようにかける」といいますよね。
しかし、厚みのあるウールなどは、アイロンをかけてもポヨンと戻ってきたりして、
出来上がった服のエッジがプカプカしてしまうことがあります。
コートのフラップがタラコくちびるになってしまったり(笑)
しかたなく全周にステッチや星止めをした経験のある人は多いのでは?

そんなとき、「押さえる」のでなく、少し強めに
「たたく」ようにしてプレスすると効果があります。
生地を痛めるのでアイロンを引きずってはいけません。
アイロンの先で、見返し側からトントントン、とたたいてみてください。
アイロン台は硬めのほうがいいと思います。
スチーム&バキュームが使える場合は併用してください。
アタリ・テカリ対策はしてくださいね。(あて布など)

前端や衿のエッジがすっきり薄く仕上がっていると、
それだけで数段あか抜けます。
最後のプレスもひと手間かけて、素敵な一着を仕上げてください!


関連記事


Category:ワンポイントメモ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<お受験的な。 | HOME | たまには趣味の縫いもの(仕事でなく)>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://miho555.blog58.fc2.com/tb.php/323-a93a477f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。