RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

10AW-B01 Tao

2010.12.18 Sat
Tao


タオ。ドルマン袖のシャツ。

ちゃんとしたシャツってすごく難しいと思うんです。
良いパターンが手に入っても、
仕立ての段階でガッカリな出来になってしまうことが多い。
アパレルでも、いわゆるドレスシャツは専門の工場があるそうで、
普通の婦人もののブラウスを作るところにシャツを上げさせてみたら
なんだかフニャっとしうた雰囲気のものが上がってきた、
なんて話も聞きました。

じゃあ素人がぶっつけで縫える、シャツらしきアイテムは作れないだろうか?
失敗しにくい、そして失敗しても粗が目立たないようなデザインで、
簡単に作れても、着たらちゃんとかっこいいもの。
シャツが苦手な人でも着てみようかな、と思うもの。
普通のシャツとは違うシャツ!



――という経緯でできました。
衿周りは台衿付きのシャツカラー。台衿の高さは控えめ。
袖口あきはケンボロでなく、パイピングを使った簡単な始末。
前立ては三つ折り。
袖は身頃続きのドルマンなので、袖付けもありません。
なるべく柔らかく仕立てあがるような仕様にしました。
着て動いたときに、シャツっぽい印象と
ドルマンシルエットの違和感がちょっと面白いです。
着心地もカットソーのようなラクチンさ。

肝心の衿で失敗しないよう、縫製テキストでは
多くの工程を割いて解説してあります。
よく洋裁本なんかで、
「衿はまわりを縫い、縫い代に切り込みを入れてひっくり返す。」
みたいな記述を見ますが、知りたいのはそういうことじゃないですよね?
すくなくとも私は、「んなこた知っとるわー!!」と叫んで
壁に投げつけたい衝動に駆られます(笑)

説明すべきはそんなことじゃないと思います。
裏台衿の角から縫い代がパンクしない方法、
ちょっと工夫してみました。
初めてちゃんとした衿が作れました(自分比ですが)。
上がり型を作るなど、さらに工夫すれば完璧な仕上がりになりそうですが、
作業の簡便さとのバランスを考えて商品バージョンとしました。
(やる気をなくすほど面倒なのは本末転倒なので。)

シャツが苦手でしょうがない人にもおすすめしたい、
脱力系の不思議シャツです。




●グリーンサンプル
 コットンリネンのシャツ地、丸衿、9号デフォルト
 (9号ボディ:B80/W58/H86)

Tao Tao
Tao Tao

●濃紺サンプル
 ふんわり薄地のコットンウール、丸衿、7号98%出力
 (着用者:B76.5/W59.5/H85/身長154)
 (6号ゆるみ入りボディ:B84/W60/H90)

Tao Tao
Tao Tao
Tao

これがいつものサイズ感で着ているもの。
ドルマンなので、ジャケットなどのインに着るよりは
ふんわり羽織るような着方が向いています。

丸衿は子供っぽくならないよう、
へちま衿に近いシャープなカッティングにしてあります。

Tao Tao
Tao


●白サンプル
 コットンシルクのオックスフォード、角衿、7号95%出力
 (着用者:B76.5/W59.5/H85/身長154)
 (6号ゆるみ入りボディ:B84/W60/H90)

角衿はシンプルなシャツ衿です。

Tao Tao

最初、パターンを間違って小さめに出力してしまったので、
そのまま作ってみました。
春に一枚でさらりと着るなら小さめがきれいかもしれません。
(丈はお好みで調節してください)
腕を上げると裾が上がるので、ボトムにインする着方には向きませんが、
前裾だけ無造作に突っ込んで、袖をまくって着るような
ラフな感じがとても合うと思います。

Tao Tao
Tao Tao



関連記事
Category:サンプル写真ギャラリー(Women) | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<セールは明日から。 | HOME | クリスマスセール?>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://miho555.blog58.fc2.com/tb.php/246-661b845f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。