RSS|archives|admin

スポンサーサイト

--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Category:スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | top↑ |

上止め金具つきファスナーの調整(既成服パンツの丈詰めを例に)

2010.10.21 Thu
パンツを買ったら裾にファスナーがついていました。
ファスナーを自分で短くしないと丈詰めができませんね。
実はこれ、とっても簡単です。

今回は、パンツの丈詰めを例に、
金具ファスナーの長さを自分で調節する方法をご紹介します。

101021




上の写真が買った状態のもの。
このままだと、丈が長すぎてファスナーが床に当たるし、
履いているうちにだんだん開いてきてしまいます。
というわけで、自分で直してみることにします。

101021

●カットする
試着したのち、とりあえず着丈+縫い代3cmでカット。
持ち出しもついてますがいっしょに切っちゃいます。
カットした部分はまだ捨てちゃダメ。


101021 101021

●持ち出し始末
ファスナーをいじる前に持ち出しを始末しておきます。
元は中縫いされていましたが、簡単に折り込んでコバステッチ。


101021 101021

●上止め金具を取る
さっきカットした裾をもってきて、「くいきり(写真右)」で上止め金具をむしります。
両サイドをつかんで引っこ抜くとスコッと取れます。
取れたら、なくさないように置いとく(これ大事)。
ペンチでもできなくはないけど、やりづらいです。
「くいきり」はそんなに高価な道具じゃないので、ひとつ持っていると便利。
私が使ってるのは600円くらいで買ったけど、
できればもうちょっといいのを買ったほうがいいと思う(笑)


101021

●ファスナーのムシ(エレメント)を取る
くいきりで、ファスナーの余分なムシをむしり取ります。ブチブチブチブチ。
あき止まりに上止め金具がつくので、その分余分に取っとくといいです。


101021

●上止め金具をつける
取っておいた金具をつけます。
そのままだと入りにくいので、ペンチを使ってちょっと開くとすんなり入ります。
あんまり曲げたり伸ばしたりすると金属疲労で折れちゃうので気をつけて。
定位置に入ったらペンチでぎゅっとカシメればOK。

万一失敗して金具を壊してしまったら、止め金具だけ買うこともできます。
手芸屋さんで売っています。

101021

こんな感じにできました。
買ってきたファスナーも、同じ方法で長さ調節することができます。
使用する寸法より長いものならOKなので、
微妙な長さのファスナーを手に入れにくい環境の人でもだいじょうぶ。


●完成!
あとは裾を三つ折りにして、ミシンで縫ったらできあがり!
(ファスナーのオビは適当に縫い代の中に折り込むときれいです)
買ったときより美しい仕上がりに満足(笑)

101021


以上です。簡単でしょー。
機会があればぜひお試しを!




関連記事
Category:ワンポイントメモ | Comment(0) | Trackback(0) | top↑ |
<<Rebeccaテキスト修正 | HOME | リリースしましたー>>
name
title
mail
url

[     ]
Trackback URL
http://miho555.blog58.fc2.com/tb.php/227-02757f3b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。